読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BYSTANDER

とりとめもない。

演劇ハイキュー‼ "勝者と敗者" どうしてこうなった。


今回のハイステは賛否両論ありましたね。どちらかというと否が多かった気もしますが。まあ私も人生で初めてというくらいアンケートを裏までびっちり書きました。もはやクレーマーである。

今まではあそこの演出気になるわ~くらいだったのに、今回はマジでハア~~~~???原作読んだ?え?ハア~~~~???と演出家に詰め寄りたい気分。



マッピングなさすぎ問題
まずこれだろ。あれだけハイパープロジェクションを謳っていたハイステはどこへ。ハイステってマッピングがとにかくすごくて、こんな見せ方あんのかスゲー!!って毎作品思ってたんだけど今回全然なくない?特に今回のオープニングのダサさは異常……。オープニングの日向は最悪でした何なんだよあのくそダサい動きは。

マッピングのここすごかった!って思い出せるところが一つもなくて、その演出いらんかったわ~!マッピングでやるべきでは~?!ってところばっかりだったんだけど。私が特に思ったのは

・日向と影山が翼背負う→翼が羽ばたいているように見えない。むしろ安っぽい。
・菅原と月島がブロッカーの位置をスイッチ→直前の役者の動きがくそダサい。
・ワイヤーアクション→とうとうやってしまったのか。中盤はともかくなんで最後に日向クルクルまわってんの?

というような感じです。マッピングがもっと機能していれば役者への負担はもう少し軽減していたはずです。



②役者に負担かかりすぎ問題
さっきのマッピング問題から繋がり、もう少し役者の負担を軽減することはできなかったのか。舞台をレベルアップしたいのはもちろんわかるが、前作まででも役者は充分動いてきたと思うんだけど。今作はこれまで以上に役者を酷使させたなという印象です。毎公演のようにテーピングが増えていくんですよ、ほぼ全ての役者が。
そりゃあれだけの動きをアンサンブルもほぼ使わず、3時間ほぼぶっ続けでやってりゃ怪我もするでしょうよ、身体痛めるでしょうよ。最後の最後でめちゃくちゃワイヤー使うし、毎公演ヒヤヒヤしてました。何よりボロボロになっていく推しを見ていられなかった。



③公演時間長すぎ問題
それからこれな。3時間て。いらんとこ削ったらもっと短くなっただろ。どう考えても役者きついだろ。見てる方も見てるだけなのにきつかったわ。
ちなみに夜行バスで行ってマチソワ観て夜行バスで帰ってみ、マジでケツ割れる。それでも何公演観ても飽きない!ような舞台なら何も苦じゃないんですがね、本当にくどい。同じことを何度繰り返すのか。初っ端から「バレーボール、排球…」のくだりを2回繰り返してて白目剥きました。

ハイステは公演時間がだんだん長くなっていって、その分丁寧に作られてるなら別にいいけどそうじゃないもんね。どうでもいいとこ(影山が自販機でジュース悩んでるとことか)はセットまで作りこむくせに何故なのか。



④緩急つけるの下手くそすぎ問題
これ前作品でも書いたし、初演再演からずーーーっと思ってるけどなんで成長しないんだ???演出バカなの???
なんでシリアスなシーンでくだらない笑いぶっこんでくるの???逆にさっきまで思いっきり笑わせに来たかと思うと急にシリアスいくしどうしたらいいんだよ???

特に最後の澤村の大事なセリフを笑いにしたのは本当にクソ。大楽の挨拶で澤村役の秋沢君が言ってくれたから救われたようなもんだよ。



⑤取捨選択下手くそすぎ問題
回想行くときわざわざ国見と金田一が上下着替える意味がわからん。及川と岩泉は上しか着替えてないじゃんそれでよくね?影山のトラウマのシーンなのにそれでいらない笑いが起きてるんだよフザケンナ。一生懸命芝居してる木村君が不憫でなりません。

影山、及川、岩泉の回想それぞれするのはいいんだけど内容や見せ方が代り映えしないからただただくどい。これは③の公演時間長すぎ問題にもつながりますね。間延びするんだよなー。回想は全部別々にするくせに最後の日向影山が立ち直るシーンとおすわりでのご飯のシーンは一緒にしちゃうんですね。意味不明です。



⑥キャラぶち壊し問題
これは演出側にも役者側にも言えることかと。それぞれのキャラクターがやりそうな範囲で動いてくれるのはむしろありがとうございます!って感じなんだけど、キャラクターぶち壊しちゃったら意味ないじゃん。研磨が勝敗について話したり、澤村がスターティングオーダーで岩泉の握手を躱したりとかね。やんねーよ。
最後に日向がブロックされるときに影山がやめろ!!!って絶叫してんのも意味わかんない。ベストな攻撃だと思ったからこその攻撃じゃないの?だから完全に読まれてブロックされて絶望したんじゃないの?その後にこれじゃダメだって成長していくんじゃないの???

あと初演からみんな言ってることだと思うけど武田先生ね。最後の最後にいいこと言っても初演からの積み重ねがあるからもうダメです。何にも響かねえ。むしろこいつ急になにいいこと言いだしてんだ感さえある。
日向は全部わざとらしさを感じて真っすぐなキャラクターに見えない…最悪だ。あとなんで「研磨…?」って言うとき「けんもぁ…??」みたいな喋り方になるんだ??すごいバカっぽい。

めちゃくちゃ文句言いたいのは及川さんです。滑舌と笑い方なんとかしてください。特に滑舌に関してはセリフの半分何言ってるかわかりませんでした。以上です。



⑦バレーしなさすぎ問題
ほとんど指揮じゃん??最初に及川が燕尾服着て指揮してるのも笑いそうになったし、青城は『これが俺たちの音楽だ』って言っちゃうし。音楽じゃねえよバレーだろ。セッターが指揮者っていうのはあくまでイメージであって、音楽とかはコンセプトなだけでしょ。
音楽に関してはハイキューコンサートがやってるんで舞台は演劇はしてください。







今回のハイステは原作に対してリスペクトなさすぎ。もちろんめちゃくちゃいいところもあったよ?!最後はボロ泣きしたし。でも役者の熱量で押し切ったようなもんだよね。


私はもともと原作が好きです。まあ原作厨とまではいかないんですけど、新刊が出るのが楽しみでそのたびにワクワクして買いに行くぐらいには好きです。
そしてハイステも好きです。初演、いろいろ気になるところはあったけれどもこれぞまさにハイパープロジェクションだ!と感動したし、再演はその初演を超えてきてくれたとも思いました。前回の烏野復活もいろいろ書いたけれども観に行きながらチケットを増やしたし、何よりハイステは推しを推すきっかけの作品でもありました。

だからこそ今回のハイステはショックでした。このクオリティでいくんなら再演も続編もなんもしなくていいわ。これでもう終わろう。

ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』"烏野、復活!"

半年近く下書き保存してた。わお。

とりあえず~と思って当時メモ代わりに書いてたんだけど、だんだん詳細忘れていっちゃってたのでメモのまま残ってた。DVDも届いて詳細を思い出したことだし感想を。良いところも悪いと思ったところも含めて順番に全部書きます。わたしの主観で思ったまま書きますので口悪いです、ご注意ください。

本当は次は新作じゃなくて再演して欲しかった。まあ再演ってそうそうできるもんじゃないとわかってはいるんですけど…ただ一番最初の公演が再演したからなあ、再演の可能性もあるかななんて期待もしてました。結局どえらいスピードで新作の発表があったわけですが。

 

気になることも多々ありましたが本当に好きな作品でした。何回観ても惹きつけられるし飽きることなく面白かった。だからこそ修正をしたら絶対もっと良くなるはずなのに。もったいないなぁと思います。もう終わったことですけどネ。

 

 

 

▼幕開け~オープニング
あのセットやばいよね〜〜ゴミ捨て場!会場に入った時からドキドキしました。2次元を3次元に持ってきてくれたなあと思いましたね。影山がセットの一番上に立って旗を翻すところは鳥肌。めちゃくちゃかっこいい。そしてそこから2〜3mくらいの軽やかな大ジャンプ…わたしがあと10歳若ければ影山夢女子になってた。のっけからかっこよすぎだろ影山。


そのあとに研磨と出会い、オープニングに繋がるわけだけど…あの猫(のぬいぐるみ)には何の意味があったのか?何回考えても全っ然わかりません。DVD見てもいまだにわからん。ストーリー上いなくても問題ないし、原作には出てこないし、ていうか白子がぬいぐるみ動かしてるのってカッコ悪くない??どこの教育番組だよ…。

 

 


▼オープニング
オープニングは初演再演よりすごいなあと思いました。(小並感)いや本当に。
以前よりキャラクターの魅せ方が生き生きしてたと思います。音駒のしなやかさ軽やかさ、対して伊達工はどっしりとしている。対照的な2校をよく表現していて素晴らしいです。音駒はアクロバット多いけどあの八百屋舞台ではめちゃくちゃ難しかっただろうな。傍目には軽々としているように見えるくらいさらっとやってましたね。すげえ。

わたしが鳥肌立ったのは日向登場のところ。あそこでマッピングの翼がバサッて広がって羽ばたく日向が本当にめちゃくちゃかっこいいんですよ。何回見ても鳥肌立ちました。しかもその後のバク転ね。須賀くんってバク転できるんだね!知らんかった。すげー!
今回は特にマッピングにやられましたね。そうきたかーって。常波のシーンは"水"をテーマにマッピングが作られていて、水面に映る波紋とか、水鏡のように上下左右対称になっていて個人的にすっごく好きです。後の常波戦でもこれがすごく良い味出してるんだよなあ。オープニングは何回見ても楽しいです。

 

 


▼スタメン発表

オープニング終わりからスタメン発表の流れだけど、正直あまり好きではない。まず日向の性格からして練習に遅刻しないよね?さらにオープニング前にゴミの山で見つけた猫と鍋を持ってくる始末。なぜ猫と鍋???日向ってバレーがとにかく好きで練習できることが嬉しくて、って解釈なんですが…例えロードワーク中に迷ったとしても後輩が猫つれて鍋持って部活に遅刻してきたら完全になめてるってなるよね。わたしなら帰れって言うわ。
あと音駒戦でのスタメンも発表するシーンで猫を動かす必要はないですよね。しかも白子が動かしていて、むしろ邪魔だなと思いました正直。猫と戯れていて目線も散っちゃうし実際笑いが起きちゃうし。あのシーンの猪野くん、本当に菅原の表情をしてるんです。でも全く伝わらない。3年生のスガさんがスタメンから落ち、入部したばかりの1年生の影山が選ばれた、と言う空気がない。むしろスガさんがないがしろにされているような雰囲気さえ感じた。スガさん好きだからつらい。

 

 

 

▼合宿

音駒と烏野が布団でスイッチをするところすごい良かった!斬新で使い方が上手い。とても面白いしなるほどなー!って純粋に感心しました。
あとビックリしたのはノヤさんの風呂上がり。あそこは正直やってくれると思わなかったのでかなり感動した…!原作でも人気のシーンだと思うんですけど、ほんのちょっとのシーンだしウィッグ変えないといけないだろうし絶対カットされると思ってたんですよね。ありがとうハイステ!

 

 ただ縁下の過去の話が出てくるところはシリアスで良いんじゃないかと思います。まぁシリアスというと言い方が重いんだけど緊張感というか気まずさというか、空気がぎこちなくなるシーンなんじゃないかな。でもその直前に交わらないはずの福永と日向がやっているアドリブ?あそこの笑いは一切いらないよなぁと。あれ大阪公演の途中から始まったみたいなんだけど、なんであのまま最終公演までいってしまったのか。

初演再演のストーリー上、縁下は原作でほぼ出てこないからキャラづくりは不安になるところが多々あったんですが烏野復活ではちゃんと近づけてくれてたのでよかったです。(ちなみに現在公演中の勝者と敗者ではさらに縁下になってきている。安心。)

 

菅原が烏飼コーチに考えを伝えるシーン、緊張感がありスガさんが自分の気持ちを伝える大事なところ。しかし奥でその大事なシーンをしているのに手前でノヤと田中がふざけているのはもう邪魔です。スガさんに視線が行くべきなのに手前の2人に視線がいってしまう。本線に集中できない。真面目なシーンであるのに他で笑いがチラつく必要は一切無いのでそこは演出がバッサリ切るべき。もしアドリブをするにしても笑いは必要ない。邪魔にならないようにするべきだよ。
ちなみにスガさんも烏飼コーチもアドリブでちょっと動きが気になるところがあったんだけど(しかも笑いを誘おうとするタイプのもの)千秋楽ではそれがなくなってたのでとても良かったです。やっぱりメリハリ大事ですね。

 

 大地さんと旭さんが出てくるシーンも気になった。草を持っている必要は?ある?原作では壁に隠れてスガさんとコーチの話を聞いているから草は必要ないんじゃないでしょうか。舞台だから原作と丸々同じことをする必要はないんだけど、でも草陰に隠れるという表現を自分たちで草もってくるのってなんとも間抜けに見えるんだよなあ。最初の方の公演はそれで笑いが起きてしまっていたし残念です。3年生の絆とか試合の重みを伝えるために今後大事になるシーンなのにね。
縁下のシーンも菅原のシーンも無駄に笑いを入れて無理やり話を軽くしようとするのは必要ないなあと思います。メリハリの付け方もう少しうまくできないの…。

 

あー、あとひどかったのは武田先生のシーンね。武ちゃんは初演からキャラづくりがずっと不安でしたがとうとう今回で完全に違うものに作り替えられたなという気持ちです。こちらは縁下と対照的ですね。毎公演キャラクター崩壊していってるってどういうこと?いやもうあれ誰???本気で誰か止めてほしかった。

 

 

 

▼音駒戦

いや〜〜音駒戦ね、本当によかったと思います!あそこまで機動力がある人たちが揃っていると思ってなかったのでアクロバットは本当に度肝抜かれました。特に梶原くん!なんだ彼は!凄すぎる。原作でもほぼ台詞がないんだけど、舞台上、試合中に魅せる存在感たるや。ストーリーや流れは邪魔せず、でも試合で魅せる。めちゃくちゃかっこよかったです。
個人的にはアクロバットによって音駒のしなやかさ軽やかさが表現されててとても好きです。烏野もアクロバット頑張ってたし、見せ場がたくさんあって面白かったなあ。ただ途中音駒に対抗する烏野の動きだけちょっと…小学生がお芝居で鳥を表現するときみたいに両腕をバサバサさせるものだったのは如何なものか。あれだけは正直すっげぇダサいわ…急にずっこけた(笑)

 

音駒のキャラクターはすごくよかったと思います。夜久さんなんかはビジュアル出たとき正直イメージと違うってなったんだけど演技と動き見たら完全に夜久さんだった。ダンスしてるからマジで一人だけキレが違う…。すげぇ。

クロは厨二感すごかったけどまぁまぁまぁ。食えない奴だ感は少なかったかなー。これに関しては大地さん役の秋沢くんもだけど。秋沢くんの大地さんはどっしり感あるけど柔らかさがちょっと足りないんだよなあ。

 

 

 

▼日常

本当に漫画のページをめくるように進んでいって面白い。原作を再現しながらも面白いっていいよね。前半で入れる必要のない笑いがなかったらこういう楽しいシーンがもっと生きてくるのにもったいないですね…。 

でも横断幕が出てくるところは本当にいい!2次元で起こっていることを3次元で体験しているというか、本当に現実に、いま、起こっているんだなと実感しているような。あと劇場では気付けなくてDVD見て初めて気付いたんですが、横断幕を見たときの影山の嬉しそうな表情ときたら…あの顔だけで涙腺緩みます。ありがとう木村達成くん。

 

 

 

▼常波戦

 常波戦の前の客降りさ〜〜ほんといらないよね。ハイステに関しては客降りになんの需要もないと思うんだけど。構成上いらないし、通路席ばっかりチケット争奪戦になるし、烏野復活から2階席もある会場選んでるのに2階からは見えないし。昨今の2.5次元舞台には特にいえることだと思います。無駄な客降りやめて。

で、常波戦なんだけどほんっとうに良かった!!まずハイステでしてくれたことに感謝です。常波が絶対に必要だって推してくれた須賀くん本当にありがとう。(推されなかったらカットしてたのかよというツッコミはなしで。)そして池尻役の松田くん、烏野復活で名前を知ったんだけどとても良かったなあ。マッピングも水を連想させるし、とても綺麗だった。

なのに、それをぶち壊しにする武ちゃんね。ここは今見ても本当許せないレベルで無理。地雷です。

 

客降りがまた伊達工戦前にあるんだけど、あれも本当やめて。最初の公演は笑えてたかもしれないけど大楽は滑りまくりだしむしろ寒かったわ…。見てらんなかった。

遊馬くんたぶん声優さんに声近づけようとしてるんだけど滑舌悪いから余計聞き取りにくくなるし、無理して声出さなくていいと思うよ…それより滑舌なんとかして…。あと岩ちゃん「勝てるなんざ思わねえ」なんて絶対言わないよね?!カラスのカァーっていう鳴き声の効果音もダサいし脚本どうなってんの…。

 

 

 

▼伊達工戦

ラップ?!?!!ってなった伊達工戦ね(笑)相当びっくりしたけどわたし嫌いじゃないよ、面白いなと思ったし。何より伊達工は全員が原作そのまんま〜〜!!ってなって嬉しかった。

特に2年生コンビ!青根めちゃくちゃこわいし二口はチャラチャラふざけてるけど締めるとこ締めるし。最高のコンビだった。特に二口好きだわ〜。そうなんだよね、二口って普段飄々としてるけど先輩に対しても舐めた態度とったりするけど、本当は3年生とバレー出来るのは最後だっていう重みを誰よりも知ってると思う。木村敦くん本当にありがとう。

旭がぶち破ってくれたところは烏野3年生の絆を感じられて泣いたし、伊達工は先輩後輩の絆を感じられて泣いたし、常波も含めて誰もが誠実にバレーしてるって感じられて、本当ボロ泣きした。だからこそ青城の二人が悪役みたいに見えてしまうのだけど…。

 

今回キャストの人数多いから特になんだろうけど、だいぶごちゃごちゃしてるなあと思いました。主線がわかりにくいというか…今何してるの?ってなる。あれ1公演しか観てなかったら何が何だかわからないと思う。でも舞台で1公演観て話がわからない、動きがわからないって致命的なのでは。ましてや原作知らない人だったらパニックになりそうだなと思います。

 

 

***

 

凄いと思ったところすげぇすげぇばっかり書いててなんて頭の悪い感想なんだ…。

いや気になることはたくさんあってそればっかり書いてしまったけど、作品としてはとても良かったと思います。見せ場である試合シーンはとても面白いし、キャラクターも生きているし、何回見てももっともっと見たかったなあと思わせてくれる作品でした。

ただハイステはいつも思うけど笑いのレベルが低いんだよね。そこに笑いはいらないよねっていうところに無理やりねじ込んでくるし、メリハリのつけ方が下手だなあと…。このへんは現在公演中の新作でも言えることですね。むしろ酷くなっているとか言えない。

 

新作については…うん。公演が終わったら書こうかな。

 

 

できる限り後悔のない道を選びたいけれど

 

俳優おたくの友人が降りた。それはもう呆気ないほどあっさりと、降りた。

 

友人はわたし同様、推しに対してのモチベーションが下がっていってるのは知っていた。彼女の場合は事務所とか運営に対しての不満が大きかった。推しを人質に取られている、そんな感じだったとおもう。でも、それでも舞台を見るたびやっぱり誰よりもカッコいい、一番大好きだと言っていた。

でも降りた。推しのことは大好きだったんだろうけど追って行くのには彼女の中で限界があったみたいだった。いまは若手俳優以外でおたくをしているらしい。

 

わたしの中では、友人に対して少し憧れがあった。彼女はわたしのおたく友達の中で誰よりも推しに対して頑張っていたと思ったから。働きながら誰よりも舞台に通い、プレゼントも手紙も、誰よりもたくさん渡して頑張っていた。

わたしも自分に出来る限り舞台には通って、手紙も書いた。正直プレゼントはイベントや誕生日の時くらいにしか渡せれていない。彼女に比べたら微々たるものだった。趣味だから、あくまで趣味だから。比べるものではないと知っている。彼女の推しとわたしの推しは全然違う人だし、お金のこともあるから人それぞれの推し方があることもわかっている。

それでもわたしは彼女がうらやましかった。推しだけを真っ直ぐ見て応援している彼女がうらやましかった。

 

若手俳優おたくではなくなった彼女とはこれから会う機会も少なくなるだろう。でもたぶんまたご飯とかいくよね、お互いおたく頑張ろうねと言って別れた。

あれだけお金をかけて応援していた推しを降りて、でもいま彼女は以前より楽しそうにおたくをしているように思える。彼女はどこまでもわたしの先へ行く。

 

 

 

わたしのずっと下がってた推しに対してのモチベーション、戻りつつあります。これというきっかけというよりは、たぶんいまプライベートがぐっちゃぐちゃだからだと思う。4月に入ってから環境が変わって本当にどん底で毎日泣いてる。そんな中で見た推しの笑顔はキラキラしていて本当に眩しかった。その笑顔で、推しの言葉で救われた気がしました。

推しは言葉を飾ることはしないから、その言葉選びでトラブルになることもあるけど。でも、だからこそ、彼の言葉は真っ直ぐわたしに突き刺さる。

 

ああ、だからわたしは推しが大好きだったんだよなって思い出しました。

自分が弱ってる時だけなんて調子いいと思うけど、でもやっぱり離れられないなって思います。俳優おたくを降りた彼女のようには応援できないけど、わたしには本当に微々たることしかできないけど、やっぱり応援したいなって思いました。

 

まあこんなふうにモチベーション戻ってきつつあるタイミングで推しがでるリリイベいけなかったんですけどね…。情報出た時にモチベ下がっててどうしてもチケット取る気になれなくて東京に飛んでまで休み調整する気になれなくて。でもまあ、ほんっと後悔すごいですよ。なんであの時チケ取って休み調整しなかったんだろうって。とりあえず全部抑えてから考えときゃよかったなってずーっと思ってます。

チケや休みを抑えたときはモチベあるけどいざ舞台やイベントのタイミングとなるとモチベがない、反対にモチベがなくてチケも休みも抑えなかったときに限ってモチベが戻って行けないことに後悔する。自業自得なんですけどね、けっこうキツイですね。

‪先の見えない後悔をわたしはこれから何回経験するんだろうか‬。

 

でもきっとこれからも何回も後悔しながら推しを応援して楽しいんだろうな。推しに対して思うことがいろいろありながらも戻ってくる気がします。

 

 

 

 

あと、過去の記事を全て消しました。
何でもないことしか書いていなかったけど、リセットしたくなって。ブログ自体消そうかと思ったんだけど何にも気にせず吐き出せるところがここしかなかったから、ブログ名を変えてやっぱり置いておこうかとおもいます。前以上にとりとめもない、その時の気持ちを良くも悪くも吐き出していくとおもいます。